メッセージカードについて【GIFT.OR.JP】

防災グッズ特集

 


ピックアップ


ピラミッドバッグ・レスキュー・7点セット
販売価格:3,000円(税別)

北アルプス保存水2L
販売価格:300円(税別)

強力ヘッドライト(ブラック)
販売価格:1,480円(税別)


静音レスキューシート(シルバー)
販売価格:250円(税別)

防災用ヘルメットIZANO
販売価格:4,600円(税別)

ウォーターバッグレスキュー
販売価格:8,000円(税別)

携帯用ミニトイレ(ホワイト)
販売価格:240円(税別)


防災グッズ特集 風水害、地震の基礎知識
メッセージカード
防災グッズ特集 地震 防災グッズ特集 地震 防災グッズ特集 地震 防災グッズ特集 地震 防災グッズ特集 地震
震度0 震度1 震度2 震度3 震度4
震度計のみで観測でき、人体には感じない。 屋内にいる人の一部がわずかな揺れを感じる。 吊り下げ型の電灯や障子などがわずかに揺れる。 電線が少し揺れ、棚の食器が音を立てることがある。 電線が大きく揺れ、花瓶など座りの悪い物が倒れることがある。
防災グッズ特集 地震 防災グッズ特集 地震 防災グッズ特集 地震 防災グッズ特集 地震 防災グッズ特集 地震
震度5弱 震度5強 震度6弱 震度6強 震度7
食器類や書籍が落ち、窓ガラスが割れることがある。 テレビが台から落ち、タンスや自動販売機が倒れることがある。 かなりの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する。 立っていることができず、固定していない重い家具のほとんどが移動、転倒する。 耐震性の高い住宅でも、傾いたり大きく破損するものがある。

防災グッズ特集 水害
防災グッズ特集 水害 防災グッズ特集 水害 防災グッズ特集 水害 防災グッズ特集 水害 防災グッズ特集 水害
10~20mm 20~30mm 30~50mm 50~80mm 80mm以上
【やや強い雨】 【強い雨】 【激しい雨】 【非常に激しい雨】 【猛烈な雨】
ザーザーと降る。地面一面に水たまりが出来る。 どしゃ降り。側溝や小川があふれ、小規模な崖崩れが始まる。 バケツをひっくり返したような雨。道路が川のようになる。山崩れ、崖崩れが発生しやすくなる。 滝のような雨。水しぶきで視界が悪くなる。土石流が起こりやすい。 息苦しくなる様な恐怖を感じる。大規模な災害の発生する恐れが強い。

メッセージカード
防災グッズ特集 水害 防災グッズ特集 水害 防災グッズ特集 水害 防災グッズ特集 水害 防災グッズ特集 水害
風速10~15m/s 風速15~20m/s 風速20~25m/s 風速25~30m/s 風速30m/s以上
【やや強い風】 【強い風】 【非常に強い風】 【非常に強い風】 【猛烈な雨】
取り付けの悪い看板やトタンが飛びはじめる。 ビニールハウスが壊れはじめる。 飛来物で窓ガラスが割れる。しっかりと身体を確保しないと転倒する。 立っていられない。屋外での行動は危険。 屋根が飛ばされ、木造住宅の全壊がはじまる。



防災グッズ特集 非難前、非難の備え

安全な避難路の確認を

非常持ち出し品の事前準備を

避難場所までの経路(避難路)は、あらかじめ自分たちで決めておき、安全に通行できるかを確認しておきましょう。
避難するときの荷物は必要最小限とし、事前に準備しておきましょう。

避難する前に

正確な情報収集と自主的避難を

ガスの元栓は閉め(プロパンガスは、ボンベのコックも閉める)、電気器具のスイッチ、電気のブレーカーを切っておきましょう。
ラジオ・テレビで最新の気象情報、災害情報、避難情報に注意しましょう。雨の降り方や浸水の状況に注意し、危険を感じたら自主的に避難しましょう。

避難の呼びかけに注意を

お年寄りなどの避難に協力を

危険が迫ったときには、区役所や消防署等から避難の呼びかけをすることがあります。呼びかけがあった場合には、速やかに避難してください。
お年寄りや子供、病気の人は、早めの避難が必要です。近所のお年寄りや子供、病気の人などの避難に協力しましょう。

動きやすい格好、集団での避難を

車での避難は控えて

避難するときは、動きやすい格好で、隣近所の人たちに声を掛けあって集団で、避難しましょう。
必ず徒歩で避難し自動車は、使わないようにしましょう。自動車での避難は緊急車両の通行の妨げになります。

浸水前の避難を(浸水後の対処)

安全な避難路を

安全に避難できるよう、浸水がはじまらないうちに行動しましょう。避難する前に浸水してしまったときには、外に出ず、2階や屋根、あるいは近くの堅牢な建物の上の階に緊急避難しましょう。浸水の状況に注意し、不安を感じた場合にはすみやかに避難しましょう。
避難路には高い道路を選び、側溝や水路に転落しないよう注意しましょう。また河川沿いの道路や橋は危険でるので避けてください。山沿いの道路を通らなければならない場合には、土砂災害に注意しましょう。